【大きな目標をぼんやりイメージしたら、後は忘れて小さい目標を遊びながら積み重ねるだけ】

f:id:hamachorori:20160516161527j:image

 
大きな目標、それこそ、
 
「そんな目標叶えられるかな??」
 
って
 
想像もつかないぐらい、叶えられないぐらいの目標を立てて
 
と同時にその目標のことを忘れちゃうくらい
 
そこにつながる小さな行動を積み重ねる。
 
 
例えば
僕が21歳の時にイメージしていた目標。
 
*****
 
会いたいのに
 
今後二度と会わないかもしれない仲間に再開し続ける生き方をしたい
 
******
 
新卒で入社した会社の仲の良い同期達の中で
 
突然僕だけ転勤を言い渡され、
 
転勤先で寂しい想いをしていた時に
 
でてきた。
 
今まで出逢ってきた仲良くしてくれた人達。
 
死ぬまでに会える人ってどれぐらいいるんだろう??
 
って、一人の時間を持たざるを得なかったから冷静に考えられた。
 
そのためには、
 
当時、僕が旅をするという選択しか浮かばなかった。
 
そんな目標が芽生えたら、
 
*****
 
世界中で旅をしながら食べ歩きをしたい‼︎
 
*****
 
って目標が出てきた。
 
想像したら幸せだった。
 
でもできるか不安だった。
 
その時はその目標が僕には大き過ぎたからだ。
 
 
目標を叶えるために、近づくために、
 
自分が無理なく会いに行ける仲間に会いに行ったり
 
無理なく行ける食べ歩きできる場所に行ってみたりと、
 
大きな目標を叶えたかのように
 
今できると思えることの、少し難易度を上げたことを始めた。
 
で、たいしたことしてないのに
 
「よし、できた!!」
 
とか
 
「目標叶った‼︎」
 
とか
 
今の自分よりちょっとだけ
 
そう、ほんのちょっとだけ
 
難易度の高いことをやっては、
 
 
「よっしゃ〜!」
 
と一人喜ぶクセをつけたよ。
 
そんな一人遊び。
 
 
最初はそんなスタートだったなぁ。
 
 
自分、かわいいわー笑
 
そこから徐々に距離を伸ばし
 
再開の数を増やし
 
旅できるように所有してる物を手放し
 
旅しながらできる仕事を引き寄せ、
 
気付いたら
 
収入を得ながら旅ができるようになって
 
気付いたら
 
世界中に仲間がいて
 
気付いたら
 
目標にしていたことが叶っていた
 
 
やってきたことは
 
*****
 
不安を感じた時にこそ
 
ほんのちょっとの一歩踏み出した
 
という遊びをした。
 
*****
 
ということ
 
うまくいくことばかりじゃなかったけど
 
だからこそ楽しかった。
 
簡単に全クリアできちゃうRPGゲームには
 
興味がないしなぁ。
 
そんなの楽しくないよね。
 
もう遊びじゃなくなっちゃうよね。
 
いきなり大きな目標を叶えようとすると
 
そこまで辿り着けず
 
本当に自分に叶えることができるんだろうか??
 
って想いが芽生えてくるからさ、
 
 
そうじゃなくて、
 
大きな目標に向かうための
 
小さなことを刻んで行く。
 
大きな目標をぼんやり決めたら、
 
 
 
すぐにそれを忘れるぐらいの感覚
 
向かう方向が定まったかなーってぐらいの感覚。
 
後は忘れて小さい目標を遊びながら積み重ねるだけ。
 
 
どう小さな目標を越えることを楽しむか??
 
 
そのうちぼんやりだった大きな目標が
 
いつの間にか自分に近づいてきてるから。
 
勝手に向こうから近づいてくるから(*^^*)
 
 
大丈夫。
 
今日も応援してるよ。
 
ってことで、
 
今日も食べ歩きだっ!
 
今日も目標達成!!!!
 
やったー!
 
f:id:hamachorori:20160516164116j:image